FRPタンクの耐用年数

外表面にゲルコート層を施した角形タンク

FRPタンクの耐用年数は、『FRP水槽構造設計計算法(社団法人強化プラスチック協会)』より15年として設計しております。
しかしながら使用環境や設置環境によっては20年以上問題なく使用されている実績もあり、耐久性に優れております。

耐候性・遮光性

耐候性に関しては、FRP外表面にゲルコート層を設けることで紫外線からの影響を緩和させることが可能となります。
このゲルコート層が受水槽における『FRP製水槽の藻類増殖防止のための製品基準(社団法人 強化プラスチック協会)』に準拠しておりますので、優れた遮光性も兼ね備えます。