耐久性(FRPタンクの耐用年数)

外表面にゲルコート層を施した角形タンク

FRPタンクの耐用年数は、『FRP水槽構造設計計算法(社団法人強化プラスチック協会)』より15年として設計しております。
その間接水している浸水効果や屋外暴露の影響も考慮して許容値を設定しております。
使用環境や設置環境によっては20年以上問題なく使用されている実績もあり、耐久性に優れております。

耐候性について

FRPの耐候性には大きく2点の要因が影響されます。


1.赤外線による劣化

FRP外表面に樹脂リッチ層(ゲルコート層、サーフェイスマットの使用)で紫外線からの影響を緩和させることが可能となります。
このゲルコート層が受水槽における『FRP製水槽の藻類増殖防止のための製品基準(社団法人 強化プラスチック協会)』に準拠しておりますので、優れた遮光性も兼ね備えます。

2.砂塵等による摩耗

塗装することや耐候性フィルムを複層するなどの対策を講じることで劣化を防ぐことが可能となります。

強度特性について

高温時・・・母材となる樹脂の温度依存性が大きく、樹脂の耐熱性がFRPの耐熱性を支配することとなります。FRPの耐熱性を高めるためにはビニルエステル樹脂・ビスフェノール樹脂が最適となります。

低温時・・・極低温での強さ・弾性率は向上します。この要因としてはガラス繊維の固有性質によるものです。

各種FRPの極低温および室温の機械的性質
樹脂 曲げ強さ (MPa) 曲げ弾性率 (GPa) 引張強さ (MPa)
77K 300K 77K 300K 77K 300K
オルソ系不飽和ポリエステル樹脂 491 297 11.6 9.1 281 192
イソ系不飽和ポリエステル樹脂 523 320 13.5 10.2 294 178
ビニルエステル樹脂 625 329 14.7 11.4 294 197

FRP構造設計便覧 社団法人 強化プラスチック協会より出典