FRP製品の見える化

FRP製品は設置した時より紫外線や使用状況により劣化が進行していきます。
予防保全の準備段階で『劣化診断』を行い、余寿命を評価します。
結果をもとに延命措置かつ安全に使用することを第一に考え、
『FRP製品の見える化』を提案いたします。
(故障を予測し、製品寿命を延ばし、コスト・安全衛生面での優位性の提案)

法令・基準におきましても、点検による記録の徹底等が記載されており、『劣化診断』は重要視されております。

・水質汚濁防止法 第14条 5
・JIS K7012 ガラス繊維強化プラスチック製耐食貯槽
・FRPS C003 強化プラスチック製耐食機器に関する性能検査指針

定期的なメンテナンスが延命措置への近道と考えております。

強化プラスチック製耐食機器に関する性能検査指針(強化プラスチック協会)