複合板構造のコア材の使用上限温度

FRP複合板構造のコア材として、硬質ウレタンフォームを使用しております。
(さまざま分野で使用されるポリスチレンフォームは、FRPが硬化時に発生するスチレンとの相性が悪く、非常に難しい)
硬質ウレタンフォームは80℃以上の高温になると、炭化する場合があり、硬質ウレタンフォームに期待する機能が失われる場合があります。

以上のことから、複合板構造としての使用上限温度を80℃までとしております。

熱の伝わり方について

熱の性質は、温度や圧力により物質によって大きく異なります。
温度は高温部から低温部に熱の流れが発生することになります。

熱伝導とは

固体内の伝熱(FRP層・硬質ウレタンフォーム層) 物質特性による値。数値が大きいほど熱は伝わりやすい。

断熱材の種類熱伝導率 (W/m・K)
FRP(ハンドレイアップ法)0.233
ポリスチレンフォーム(ビーズ法)0.041
硬質ウレタンフォーム0.024

熱伝達とは

流体内の伝熱(空気や水、内容液) 境界層における状況(流体の諸性質、流動の状態、伝熱面の形状)に依存される。

強制対流(W/m2・K)自然対流(W/m2・K)
1000~10000500~1000
空気10~1001~10
日本機械学会編 電熱工学資料改訂第5版(2009)より

熱貫流率とは

熱の伝えやすさを示す数値であり、住宅の屋根や壁、窓などの性能指標で使用される数値であります。
温度差1℃とした場合、伝熱面積1㎡に対して1時間でどれだけ熱を貫通するか(伝えやすさ)を表す。熱貫流率が小さいと熱移動を少なく抑えれれることになります。(断熱性能が高い)