構造的に分類すると単板構造と複合板構造の2種類に分けられます。

複合板(サンドイッチ構造)

FRP単板構造

FRP単体で構成された構造。
薬品や排水廃液などの耐食タンクで使用されることが多い

FRP複合板構造(サンドイッチ構造)

硬質ウレタンを心材(コア)として両表面をFRPで挟んだサンドイッチ構造。
冷水タンクや温水タンクなど保温性能が求められるタンクで使用されることが多い

特徴

1.優れた断熱性(保温性)

FRPの熱伝導率に比べ、硬質ウレタンフォームの熱伝導率は非常に小さいことから
タンク内の温度を保つことができ、熱ロスを少なくすることができます。
また、結露に対しても有効なものになります。

2.曲げ剛性に優れている

FRPは強度は十分だが、たわみが大きくて困るというデメリットがあります。
それを解消するために、心材(コア)を配置することで、曲げ剛性を大きくすることができます。

このようにFRP複合板構造には、機能面(断熱性)構造面(曲げ剛性)に有効なものになります。