FRP製パネルタンク(角槽)とは

FRP製パネルタンクはあらかじめ成型された単体寸法(2.0m×1.0m,1.5m×1.0m,1.0m×1.0mなど)のパネルにシール材(パッキン)を介してボルト接合し、側面,底面,天井を構成するタンクであります。
タンク内側には側面と底面にはブレース材、側面と側面の間にはステーまたはタイロッドの水平材が補強材として用いられています。
通常よく見かけられる受水槽などは、このFRP製パネルタンクが多く存在します。

FRP製角形タンク(角槽)の特徴

FRP製角形タンクは、長方形の平板パネルあるいは円弧パネル(FRP材と硬質ウレタンフォームで構成されたサンドイッチ構造)を工場で製作し、現場にてFRP接着接合(オーバーレイ)を行い、一体化した構造(ノーステイ・ノーパッキン構造)となります。
(外見は通常のFRP製パネルタンクによく似ている)

側壁パネルサイズは、『1000×タンク高さ』のパネルを配置していきます。
仕切壁や整流板の設置も可能で、タンクサイズは縦・横・高さを Flexible に対応可能です。
外部補強方式の構造でタンクを安全に設計してまいります。

これにより、タンク内部を有効活用することができ、撹拌機や水中ポンプ、エアー配管の設置、蓄熱コイルも設置も可能となります。
既設建屋や地下ピットなど搬入条件に対応できるタンクをご提案いたします。

<比較表>

FRP製角形タンクFRP製パネルタンク
成形法ハンドレイアップ法(多品種少量生産)
主な使用例:断熱性、耐食性などの機能タンク
      スクラバー、ダクトなど耐食機器部品
プレス法(定品種多量生産)
主な使用例:受水槽 自動車部品
形状制限特になし表面積<5.0㎡
(1.0x1.0,1.0x1.5などのモジュール寸法)
接合部処理FRPオーバーレイ接着シール材(パッキン、ガスケット)
自由度×
強度性能
耐食性
数量・経済性